2012年12月30日

35 2012年漕ぎ納め(日高川1)

作成中

水位:なし 【参考】0.48→0.53m(龍神) 19.7→29.7t(椿山ダム流入量) 気温:10℃(龍神) 天気:雨
区間:柳瀬大橋〜龍和橋(約7.4km) 勾配:4.3‰(289m→257m) 所要時間:1.25h
メンバー:ソロ

 なんとか年内に漕げました。
 行き先は2004年以来8年ぶりの日高川。ただ昔下ったゆりの瀬よりはるか上流部の、龍神村「檜皮(ひわだ)の滝」セクションです。
 篠突く雨でしたがむりくり決行。増水の恐怖にドッキドキでした。



 約2年ぶりに関東で週末を過ごす生活が始まりました。なんとか月3回漕ぐペースは維持したいと思ってたんですが、引越しのバタバタで結局漕げずじまい。先週の三連休がラストチャンスでしたが、ちょうど寒波到来で寒かったんで日和ってしまいました(笑)。

 このまま年越しかと思いきや、最後の最後でチャンス到来。唯一漕げる本日に雨。夜明けくらいから降り始めました。当初行き先を但馬方面で考えていましたが、雨雲の動き(予測)など検討して、急遽紀伊半島に変更。
 行きたいところはそれはもう、たくさんありますが、時間の制約など諸般の事情から日高川を選ぶことにしました。

 日高川は、護摩壇山(標高1,372m)を水源とし、山地部を蛇行しながら西に流れ、御坊市塩屋町北塩屋、美浜町濱ノ瀬境にて紀伊水道に注ぐ、和歌山県下最大の二級河川です(幹川流路延長127km,流域面積651.8ku)。

 しかーし、大阪の南部あたりから篠突く雨。印南SAで休憩したときは、絶望的なまでの降りっぷり。こらもうあかんわ…、ただのドライブや…と諦めつつ、とりあえず行くだけ行くかと予定通り現地に向かうことにしました。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿>日高川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする