2012年10月07日

31 念願の奈良最南端の地へ(上湯川1◆127本目)

水位:なし 参考:0.45m(龍神) 17.60〜20.30t(椿山ダム流入量) 気温:22℃(風屋)
天気:快晴 区間:出谷温泉〜西川出合(約3.5km) 勾配:14.3‰(180m→130m)
所要時間:1.50h メンバー:ソロ



 不意に目が覚める。ケータイを手にとって見ると3時。寝入りしなクルマの屋根を叩いていた雨音は、止まっていました。夜のしじまがあたりを包む。もともと仮眠だけして未明から行動開始予定でしたが、全然アタマが働かない。かといって、寒かったり、身体が痛かったりで寝つくこともできない。ぼうっとしてまどろむ時間が続く。5時を迎え、ようやく動けるようになったんで、30分ほど足湯に浸かると、だんだんと覚醒してきました。
 ここ、道の駅十津川郷には、24時間入れる足湯があるんです。

121007kamiyu01.jpg

 十津川といえば、昨年9月の台風12号TALASの記憶がまだ新しい。2004年のTAKAGEに匹敵するインパクトでした。深層崩壊、土石流、土砂ダム…。その後どうなったんだろう。道路状況からみれば、今なお復興途上という印象です。足湯に浸かりながら、十津川村観光協会のサイトをひととおり目を通してみると(ガラケーのiモードのため甚だ見づらかったですが)、温泉、旅館など観光施設はほぼ例年どおり営業、続いて漁協のサイトによれば、あまごは例年どおりでしたが、あゆはその生息域の中下流域に大量の土砂が堆積しているため休漁、となっていました。

 5時半から運転再開。道の駅から先は、カーナビにはないトンネルがドーンとぶち抜かれており、あっという間に十津川温泉に到着しました。十津川流域で見てみたい、下ってみたい川の候補はいくつかありましたが、最初に下りたい川はだいたい決めていました。
 上湯川です。“playboating@jp vol.25”(2009年夏号)にも紹介されてますんで、新宮川水系の中では北山川、大塔川、四村川などと並んで比較的名の知れたほうだと思います(たぶん)。

 上湯川(かみゆがわ)は、紀和山脈引牛越(標高750m)を水源とし、紀和山脈南部および果無山脈北麓の支川を集めて東流し、十津川村平谷桑畑境にて西川(にしがわ)右岸に注ぐ、新宮川水系の一級河川です。

 夜が明けて初めて気付きましたが、十津川本川は赤濁りの濁流。十津川温泉前に佇む二津野ダムへの流入量は70tを越えていました。どうやらここいらはまだ先日の台風19号の影響が残っているようです。
 西川との出合に到着。気になる点は二点ありました。ひとつは昨年の台風12号による堆砂の影響。もう一つは水量です(水位計がないんで行ってみないと分からない)。とくに堆砂については、(本来海に流出するものが)二津野ダムで遮られるため逃げ場がない。荒瀬も淵も、埋め尽くされていやしないかと心配でしたが、周辺を散策した限りでは、とりあえずカヌーで下る分には問題なさそう。水の色は、軽い濁りの入ったコバルトブルー。奥多摩の日原川みたいな、石灰質の山から流れる川に多い色ですね。いっぽう、本川の西川は灰色の濁り。地元の中学校のレポートによれば、西川はまとまった雨が降るとたいてい濁るらしい。

 6時から下見開始。昨日の記事の冒頭にもありますが、今週末はもともと上湯川に行く計画はありませんでした。なもんで、当該の“playboating@jp”は関東の自宅に置きっぱなし。下調べしたのもだいぶ前なんで、さすがに記憶になく、ほぼゼロスタートでした。12kmくらい遡上するうちに入川道をいくつか発見しましたが、どれもこれも決め手に欠ける。8時まで約2時間動きましたが、結局、マサゴン会長にも電話して情報収集。朝っぱらからすみませんでした。

 漕ぎたい区間は、“playboating@jp”でいうミドル〜ロワーセクションでしたが、回送距離が10kmくらいあります。また、遡上するにつれ水量も減ってしまってました。

121007kamiyu09.jpg

 長く漕ぎたい思いも強いですが、楽をしたい気持ちには勝てません。10kmはまずよう歩かん。それに、プットインもなるべく楽なところがいい。でもって、早いとこ終わらせて、十津川温泉にゆったり浸かりたい。もう若くないですからね。(^^;;

 ということで、西川出合から4km弱の距離で入川しやすい出谷温泉がプットインとしてはベストかな、と。とはいえ温泉施設の道をカッテに拝借すんのもどうやろと、聞き込みに下りてみましたが、あたりには誰もいない。それもそのはず、ここは昨年の台風12号で被災したまま、復旧されていなかったのです。脱衣所や浴槽は、砂を被ったままでした。千切れたのぼりや、地元の小学生が作成したであろう解説の掲示物がなんだか痛々しい。掲示物自体はキレイに残っているので、察するに膝から腰のあたりまで浸かったようです。

 西川出合にクルマを停めて回送。
 歩き始めて最初の1.5km程度は平瀬のみの川相。台風12号以前がどんなのか分からないですが、おそらく堆砂の影響が大きいエリアと予想されます。なんたって川原の規模がデカい。四万十川中流域みたいな、山間の大河っぽい雰囲気さえあります。

121007kamiyu17.jpg

 右手に直角カーブするところがおそらく「分岐点」。ここから車道は登りがきつくなり、高低差がどんどん出てきます。いかにも渓谷って感じで、川はほとんど見えず、瀬音だけが聞こえる状態。はー、こんなトコよう下ろうと思えるなあ。事前にそこそこ情報が集められているから挑戦しようという気になれるけど、何もない状態だったらきっと二の足を踏むことでしょう。こういう川をゼロから開拓した先人には、ホンマ感服しますですわ。

 結局、出谷温泉までの間、断片的にしか下見できませんでした。ただ、川はまだ死んでないという感触はつかめました。なんとなく、ですが。あとは実際に下りながら、臨機応変に対応していくしかありません。

 川に入ると、温泉の臭いがする。はたして、おそらくかつて露天風呂であった場所から水たまりができていました。しゃがみ込んでそっと指を入れてみると、飛び上がりそうなくらい熱い。その脇を、ラナがばしゃんと通過する。おいッ! 大丈夫なんか…? 火傷が心配で肉球を調べてみましたが、どうやら無事の様子。始める前から冷や汗でした。

 スタートは、9時40分すぎ。最初っから、先の見えない長ーい瀬になってます。早速、上陸して下見しました。この川、昨年の台風12号以降に下ったという話をまだ聞いたことがありません。ストレーナやシーブが新たに発生している可能性もあるんで、慎重に進めたほうがよさそうです。

121007kamiyu24.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>上湯川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする