2012年10月06日

30 下見下り、のはずが…(大和丹生川1◆126本目)

水位:0.70m(貝原) 気温:23℃(五條) 天気:曇り 区間:滝橋〜下田橋(約4.7km)
勾配:9.6‰(135m→90m) 所要時間:1.75h メンバー:ソロ



 この三連休は長良川一泊二日の予定で段取りしていましたが、諸般の事情でキャンセルとなってしまいました。先週日曜日に襲来した台風19号の影響もすでに乏しく、まあ、日帰りで一日くらいもらって、鈴鹿山脈の川探しでも行ければ…と帰阪したんですが、思いもよらない言葉が待ち受けていました。

 「一泊二日フリータイム」

 フハッ、夢のような言葉です。さすがにそこまでは…と固辞しましたが、義父母や姉夫婦など一族みんなで小浜に帰るらしい。
 ということで、降って湧いてきた千載一遇のこの機会。現在の生活スタイルではなかなか行ける機会のない場所にということで、紀伊半島南部、十津川温泉方面に向かおうと決めました。

 午前中を子供たちと過ごし、家を発ったのが正午ごろ。おそらく今からだと、現地への移動だけで終わりでしょう。それはちょっともったいないなあということで、十津川温泉への道中にある川を探し、以前下見だけしていた大和丹生川にターゲットロックオン。

 ところで、初めての川に臨むにあたり、安全の確保のために事前の下見は必須です。下見は基本的に車道から、車上または徒歩にて行いますが、川から道が外れていたり、高低差がありすぎたり、木々など遮蔽物に邪魔されたりするなどの理由で川相を確認できない場合もあります。
 このような場合は、もう実際に下って確かめるしかありません。しかし、この方法は相応のリスクを負うことになるので、自身の技量、装備を鑑みれば、基本的にはやるべきでないと考えています(実際、矢田川で痛い目に遭いましたし)。それでも敢行する場合は、以下のような条件を設けるようにしています。

 @書籍、インターネット、口コミなどから情報を得て問題ないと確認できている。
 AGoogleMapなど航空写真、地形図を確認して川相を確認できている。

 また、さらなるリスクヘッジ策として、「渇水時に下る」という手段もあります。下「見」ならぬ下「下り」といいますか。ただ語感が変なんで「下見下り」という表現にします。

 前置きが長くなりましたが、大和丹生川では、『生子のゴルジュ帯(Obus Gorge)』がその「下見」では確認できない区間に当たります。

 @の結果:核心部が存在するらしい。車道からギリギリ見える位置にあるのがおそらくそれと思われます。ポーテージの可否は不明。もしNGなら右岸側が集落に近く、最悪そこまで引き返して上陸するしかありません。

121006yamatoniu04.jpg

 Aの結果:核心部付近から、生子トンネル出口(バス専用道)の鉄橋付近まで最大で約1km続くものと考えられます(下記川地図参照)。

 水位データは前回下見時とほぼ同等(貝原0.71m)。ギリギリ下れるはずと踏んでいたんですが、あれえっ? 前回より明らかに少ない…。

121006yamatoniu02.jpg

 前回はこれ↓。なんか、10cmくらいは水位違うような…。

R0011053.jpg

 思うに、貝原観測所は黒渕ダム上流に位置しており、上流域は同水位でも、ダムの取水量によって下流域は変動するケースがあると考えられます。あまりアテにしてはいかんということですね。この水量だとかなり歩かされることになりそうですが、まあ、「下見下り」と考えれば悪くないと思います。

 もともと現地到着が遅かったうえ、下見と区間設定に時間を要したため、スタートは14時50分過ぎまでずれ込んでしまいました。今の時期は日没がだいたい17時半くらいなんで、あまり余裕はありません。漕行予定距離は5km弱。生子のゴルジュを抜けるまでに1時間、発電所まで30分、発電所以降の増水区間は30分くらいで進めたいところです。

121006yamatoniu07.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>大和丹生川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする