2012年10月20日

【物欲編】iPod touchを地図帳に<比較編>

 今週末は日曜に仕事が入ったため帰阪なしです。毎週末当たり前のように帰ってたんで、家族にまったく会えないというのはちょっと寂しい。残念。それに今週末は、ひさびさに四国行く予定でしたがおかげでキャンセル。残念。それも、台風21号の影響でもっか増水中だという。残念。そんなこんなで本日はやや腐り気味。湯船に浸かって過去の“playboating@jp”読み返したり、パソコン上で河川情報収集してたら、あっという間に日が暮れてしまいました。そういや、こうして自宅で無為に一日を過ごすのって、今年度始まって初めてだったりします。

 閑話休題、かれこれ半年前になりますが、私の最愛のオモチャ ipod touchを地図帳として活用する記事を書いたことがあります。

 ※前回の記事

 最初に購入したのは、“MapFan for iPhone”というオフライン地図アプリでした。

IMG_1186.png

 その後、同じオフライン地図アプリである“マップルナビ S”も追加購入しました。

IMG_1185.png

 この両者、いまや川下りの補助ツールとして、なくてはならない存在になっております。たぶんipod touchのアプリの中で一、二を争う活用度ではないでしょうか。少なくとも、元は取れたと思えます。数ヶ月使ってみて、だいたいの役割も見えてきたので、一度整理してみたいと思います。

 ◆調査段階(下見)

 【導水路】

 下見時に最も「使える」と思うのは、“MapFan for iPhone”の導水路表示(地図上の点線)。GoogleMapにもない、MapFanだけの機能です。世の中の99%以上の人間にはどうでもいいものかもしれませんが、川下りする人間にとってはかなり貴重な情報となります。

IMG_1184.png

 というのも、これにより、
 ・上端に取水堰堤がある(→危険箇所)
 ・下端に発電所がある(→増水)
 ・導水路で挟まれた区間は減水区間
 ということが推測できるからです。基本、何事も効率を求めますから、発電施設は勾配の高い区間に設けられます。普段は水なくて下れないのがほとんどですが、川下りにおいて最も楽しい区間になりえる可能性が高いと推測できます。

 いっぽう、マップルナビ S側では水路の表示はありませんが、発電所はカミナリのマークで表示されています。

 IMG_1183.png

 【河川】

 初めて下る川の区間検討においては、まず地図上で川の下流端から源流まで辿ってみるのですが、マップルナビ Sは、100m,200m,500m,1kmというように一定の倍率で地図表示が固定され、細かい調整がやりずらい。逆に、MapFan for iPhoneでは滑らかに表示できるという特徴があります。

IMG_1182.png

 マップルナビ S側では、100m以下にしないと源流部が出てきません。この倍率だと視界が狭すぎて全体像を掴みにくいというデメリットがあります。

IMG_1181.png

 水源を確認したい場合にも、MapFan for iPhoneのほうが圧倒的に使いやすいですね。

 【車道(林道)】

 では、車道(林道)の表示においてはどうでしょうか。
 以下は、MapFan for iPhoneにおける宝川(宝泉峡)付近(群馬県利根郡みなかみ町)の地図です。宝川温泉で道は途切れていますが、実際にはその先にも林道が続いています。林道は(途中崩落のため)徒歩で歩いていったんですが、下見当時、地図はこれしか持ってなかったんで、かなり怖かった思い出があります。

IMG_1173.png

 後日、マップルナビ Sを購入して、まず最初に確認したのがこの地域。ちゃんと、道が表示されていました。

IMG_1172.png

 マップルナビ Sは、林道など、小さい道でも比較的充実しているようです。

 ◆漕行段階(ダウンリバー)

 ipod touchを地図帳化するにあたり、現在位置の確認など、ダウンリバーの最中も活用できるだろうと防水化までしました(※)が、実際いまのところほとんど携行していません。下見段階でだいたいアタマに入ってしまっているのと、日帰りでは漕行距離がどうしても短くなり(とくにソロだと余計)、一気に下ってしまう場合が多いのが要因かと思われます。ロングツーリングだったらニーズあるかな。あと、やっぱり現在位置把握には正確性を高めるためGPSがほしいです。

 ※以前の記事

 ◆記録段階(リバーログ)

 これらの地図帳は、川地図作成段階においても活用できます。パソコンでGoogleMapを表示した隣に ipod touchを並べて比較したりするのに使っています。まあ、この段階は、川下りにおける必須工程である下見とは異なり、パドラーでもほとんど興味がないであろうマニアックな領域なんですけど。

 【地区名】

 河川の水源や下流端がどの地区になるのかを確認したいとき、MapFan for iPhoneでは、とくに表示がありません。地形図に近いですね。ちなみに、以下は先日下ったばかりの上湯川下流(奈良県十津川村)です。西川出合以降も「上湯川」と表示されてますが、西川が本川なんで、間違ってますね。

IMG_1177.png

 マップルナビ Sでは、100m単位まで拡大すると、地区ごとに色分けがされていて、非常に分かりやすい。上湯川の下流端である西川出合は十津川村平谷と桑畑の境であることが分かります。

IMG_1178.png

 【名所】

 川地図づくりにおいては、なるべく瀬の名称も書き込むようにしています。パドラーがカッテにつけたものもありますが、とくに滝なんかはすでに名前がついている場合が多い。
 四万温泉付近を例に取ると、MapFan for iPhoneでは「小泉の滝」のみが表示されています。

IMG_1175.png

 いっぽう、マップルナビ Sでは四万川本川の「大泉の滝」まで表示されています。付近の建物情報についても比にならないほど豊富。この圧倒的な情報量がマップルナビ Sの真骨頂ではないかと思います。

IMG_1176.png

 【橋梁】

 この情報量の豊富さは、橋梁の名称においても同様のことがいえます。橋梁は、ダウンリバーにおいて現在位置を確認するための目印として貴重な存在。よって、川地図にも橋梁はすべて記載することを心がけていますが、名前を調べるのはけっこう負担が大きい。
 以下は矢田川(兵庫県香美町)ですが、MapFan for iPhoneではまったく記載がありません。

IMG_1179.png

 しかし、マップルナビ Sではこのとおり。

IMG_1180.png


 ◆まとめ

 実際の使い方をベースに両者を比較してきましたが、同じ地図アプリでもそれぞれ特徴がはっきりしていて、内容はけっこう異なるということが分かりますね。まとめると、こんな感じでしょうか。

 “MapFan for iPhone”

 河川の流路を確認したり、ダム・堰堤の位置を把握する

 “マップルナビ S”

 林道など小さな道の確認
 川地図作成時における地名(名所、橋梁)の確認

 あとは地形図のオフライン地図アプリが出たらもう完璧なんですけどねー。オンライン時に電子国土のキャッシュ取っとけるやつはすでに存在していて、すでに結構活用してますけど、やっぱり完全オフライン対応のがほしいなあ。


ニックネーム ラナ父 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

【物欲編】Go Pro ぽく 〜使用感について〜

 前回記事「Xactiにカメラスタンドを装着してGo Pro っぽく使ってみようと試みる」件、4/15(日)に湯舟川(矢田川水系)にて実戦投入してきました。

4-IMG_0795.JPG

 結果、いくつか課題が出てきましたので、以下にまとめます。

 ■位置ズレ
 ドロップなどの衝撃が原因かオンオフ操作時が原因か不明ですが、途中でズレて下を向いていたことがありました(映像見ると酔います)。こまめに向きの確認・調整が必要になります。

 ■対衝撃
 これはテストしたくないんで困ってましたが、幸か不幸か一度だけ機会がありました。笠波峠の堰堤ポーテージの際、いつもの習慣でボートを頭上に勢いよく載せてしまいました。(´Д` ) 折れた!?と思いましたが、実際には吸盤が外れただけでした。(^_^;) ちなみにカメラ本体とヘルメットはストラップとカラビナで接続してます。

 ■バッテリー切れ
 行程の2/3あたりで電池切れ。今まであまり起こしたことがないんですが。バッテリー寿命は、取説上では静止画撮影で200枚、動画撮影で約60分とあるんで余裕はあるはずだったんですが。充電の仕方がまずかったのか、バッテリー寿命劣化によるものか要確認です。

 ■撮り損ね
 バッテリーを長持ちさせるため、撮りっぱなしはせず、こまめにオンオフ切替していました。しかし、ヘルメット上にあるとモニタで視認できないので実際に撮れているか分かりません。不安は的中し、笠波峠の核心地帯が丸々抜けていました。オンを押したつもりが反応していなかったみたい。Gショッキ! ・゜・(ノД`)・゜・ 逆に、オフしたつもりが押せてなくて、無駄に撮影続けてたケースもありました。
 確実に撮るためには一度ヘルメットを外して視認する必要がありますが、上陸しない限り、そんな余裕があるケースは少ない。ちなみに確実にオフする方法は、モニタを閉じること。オフを押さなくても自動的に録画終了します(途中で気付きました)。

 ■写真撮影不可
 モニタが見えず、ピント合わせができないので実質的に写真撮影できません。航下後の川地図作成の上でポイントになる箇所は写真に収めるようにしていますが、これをやるには上記同様にヘルメットを脱がなければなりません。めんどくさいし、脱ぐ余裕がないことも多々あり、今回写真がほとんど撮れませんでした。
 写真は絶対必要なので、解決策としてはもう一つ胸ポケットにサブカメラが必要になるということになります。でもこれやると、そもそもがGo Pro買わないための工夫だったのに本末転倒やわー。(´Д` )


ニックネーム ラナ父 at 06:34| Comment(0) | 物欲編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

【物欲編】iPod touch 防水化計画

 前回の続き。
 iPod touchがオフライン環境でも地図帳として利用できるようになったことで、活躍の場が格段に増えました。こうなると、下見だけでなく実践の場(ダウンリバー)でも活用したくなるのは自然な帰結かと思われます。

 ダウンリバー時に地図を活用してやりたいことは以下のとおり。

 ◆航下段階(ダウンリバー)
 ○現在位置の確認
 ○核心部や危険箇所の確認

 地図を携行しなくても現在地を見失うケースは少ないんですが、丹波川や美那川、檜枝岐川など蛇行の多い渓谷部では地図を見てもさっぱり分からなくなることも確かにありました。
 現在地を正確に把握するためには地図にGPSを組み合わせる必要があります。ただ、GPSの一般的な導入目的である遭難防止の面だけでいえば、川下りでは不要でしょう。遭難リスクがあるとすれば、途中エスケイプして道なき場所に出た場合や、テイクアウト地点を見落としてやり過ごした時くらいですかね。
 現在地を把握したい主目的は、状況を正確に把握し、行動判断の精度を上げるため、です。テイクアウト地点や堰堤など要注意ポイントまでまであとどれくらい距離があるのか、あとどれくらい時間がかかるのかなどを把握する材料として必要性を感じています。
 GPS、ほしいんやけどなー。でも高いしなー。絶対必要というわけでもないんで迷ってます。

 閑話休題、ここからが本題です。
 iPod touchの地図帳をダウンリバーでも活用するとなると、防水対策が必須となります。

 「iPod touch 防水ケース」で検索するとわんさか出てくる。アウトドアだけやなく、お風呂でも使いたいとか市場のニーズは高いみたい。
 理想は「IP68準拠」ですが、はたして見つかるか。
 ※IPの後ろの2ケタのうち10の位が防塵基準(MIN0〜MAX6)、1の位が防水基準(MIN0〜MAX8)。防塵6は「粉塵が中に入らない(耐塵形)」、防水8は「継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)」。

 まず見つけたのがこれ。

 Magellan ToughCase 参考価格¥19,000

 防水ケースとGPSが一体という理想的な商品。ふらふらっと衝動買いするところでした。危ない、危ない。
 しかしよくよく調べてみると、iPod touch 3Gまでしか対応しとらんやないですか。実に惜しい。

 次の候補はこれ。

 LifeProof Case Gen 2 for iPhone 4/4S 参考価格¥7,900

 IP68準拠。耐衝撃性も備えていてスペックは申し分なし。これぞ求めていたものです。しかし、¥7,900はちょっと高い…。

 防水は絶対譲れませんが、防塵とか耐衝撃機能はこの際妥協しよう。
 IPX8で再検索。
 検索結果はソフトケースが中心になります。中には¥1,000しないものもありますが、防水ソフトケースといえばやはりこいつしかないでしょう。

 Aquapac Mini Phone/Electronics Case-108 参考価格¥2,380

SANY0305.jpg

 なぜか2つ購入してしまいましたのでコストは倍かかりましたが、それでも送料込みで¥4,770です。

 余分に買った分って?

 小物用ですわ。クルマのキーとかGPSとか。←買う気満々(^_^;)

 お風呂で使ってみた感想。

SANY0307.jpg

 防水性については信頼してます。画面の見やすさとか使用感は問題なし。ライジャケの胸ポケットあたりに入れれば気軽に使えそうです。欠点は内部でケースと本体がべたべたとくっついてしまい、取り出すのに難儀すること。結構めんどくさいです。薄型でくっつきにくい素材のハードケース装着するとか、対策を講じる必要があります。


ニックネーム ラナ父 at 05:26| Comment(4) | 物欲編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

【物欲編】iPod touchを地図帳に

 川探しを効率的に行うにあたっては地図が必須ということを先週末改めて痛感しました。

 よく使う地図は昭文社の「全日本道路地図」。先日の富士川水系探訪の際にもお世話になりました。ただ1/200,000サイズでは見づらいので県別の地図が欲しくなります。実際いくつか所有してますが保管に場所取るし、出し入れ面倒くさいし、都度買ってたらえらいコストかかるし。

 そこで思い至ったのが持ち運びが容易になる「地図のデータ化」→現在地把握とリンクできる「地図表示GPSの導入」。
 ただGPS,めっさほしいけど、高いんですよねえ。GoProの倍くらいの予算が必要になります。他になんかええ方法ないかなあといろいろ調べてみると、スマホに多種多様な地図アプリが存在しているそうな。
 私、スマホは持ってませんがiPod touchなら持ってます。現在の役割はゲーム機とメモ帳くらいなもんで、使いこなせているとは言いがたい。こいつを有効活用できないだろうか。

 まずやりたいことを整理しました。

 ◆調査段階(川の探索・下見)
 ◎オフライン対応…iPod touchはiPhoneみたく3G回線使えませんので必須
 ◎日本全国対応…関東〜関西・四国が活動場所なので地域限定はNG
 ○堰堤、発電所水路の表示…あればありがたいというレベル

 また、下り終わった後は記録として、Googleマップのマイマップ機能で川地図を作成しています。どうせならこの川地図作成作業もiPod touchでできたらいいな。

 ◆記録段階(リバーログ)
 ○Googleマイマップ機能との連動…iPod touchで作成・編集ができる

 このすべての仕様を満たすアプリは残念ながら発見できませんでしたが、近しいものはありました。最終的に選んだのはこれ。

 MapFan for iPhone

IMG_0796.png

 コスト 2,300円也。県別道路地図1冊買うのと同じくらいの値段。

 残念ながら堰堤は見えませんが、発電所水路は見えます。オフラインと全国には完璧に対応。アプリの中にはオンライン接続時のキャッシュを使ってオフライン利用できるものや、PC側で自分で作成して取り込むものもありましたが、そういう手間が一切不要なのがいい。あと、更新料のかからない売切り型なのもいいですね。
 欠点は、Googleマイマップとまったく関係ないこと。独立型なのでデータの入出力不可です。ただ、Googleマイマップは別アプリでiPod touchで編集できるものがあるようです。しゃあないですが使い分けるしかなさそうですね。

 使えそうな機能としては、ブックマークで行き先登録できる点ですかね(本来はナビ機能の目的地設定)。ただし、色分けとか体系管理はいっさいできないので、「下りたい川」と「下った川」の識別ができません。混乱するので表示するのは「下りたい川」だけにしたほうがよさげ。

IMG_0797.png

 とりあえず、気になる場所を片っ端から登録してみようっと。

IMG_0800.png

 自宅PCと違って移動時間中にできたりするのがとてもうれしいですね。


ニックネーム ラナ父 at 05:13| Comment(2) | 物欲編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

【物欲編】GoPro ぽく

 カヤック界ではGoPro なるものが流行っているようです。

 うーん、欲しい。しかし、そう簡単には手が出ない。それに、私にはすでにXactiという相棒がいます。大幅にスペック向上するんならともかく、壊れてもないのに買い替えるなんて、もったいないし。

 ということでXactiを有効活用して同じようなことができないか、調べてみました。今までライジャケの胸ポケットに挿して撮ってましたけど、なかなか思うようにいかない。たぶん、高さが足りないんだと思う。視界となるべく近しい映像を撮るにはやはりヘルメットに固定したほうがよさげです。

 「カメラ 固定」でググると結構使えそうなのがでてきました。
 で、最終的に選んだのはこれ。

 AN-CS02G と QB93

1-SANY0276.JPG

 コスト3,420円也。GoProコストの1割強程度です。
 何度も着脱可能なのが理想だったので一応ゲルタイプ買ってみましたが意外と固くてヘルメットのような曲面に貼付できません。諦めて粘着タイプの台座を装着。

2-SANY0277.JPG

 台座の上から吸盤でカメラスタンドをくっつけます。

3-SANY0278.JPG

 Xacti装着してかぶってみました。

4-IMG_0795.JPG

 まー重いこと。( ;´Д`)

 GoPro 重量170g 幅72mm x 奥行45mm x 高66mm
 Xacti 重量240g 幅92mm x 奥行40.8mm x 高123mm

 重さはそんなに変わらんと思うのですが、高さが倍違うのは影響大でしょうか(高さがある分いいのが撮れそうですが)。ただでさえ他人よりアタマ重くてハンデ感じてんのに。もっと首を鍛えないと。

 あと、気になるのが見るからに脆そうな雰囲気。
 ダッキーはカヤックと異なりアタマが天地逆転するようなことが稀とはいえ、川底にアタマぶつけようもんならどうなるでしょう。…たぶん壊れるやろね…。それに、小歩危みたいな鬼の水圧のかかる場所で沈した時のカメラへのダメージも気になるところ。

 かくしてやっぱりGoPro に乗換えたほうがええんちゃうかという結論が見えてくるのですが、見なかったことにしよう。(´Д` )

 クルマの助手席でヘルメットかぶってテストしてみました。ちなみに後部座席の川太郎、川次郎はゴーバスターズのお面つけてます。



 怪しすぎる家族です。他人だったら、ちょっと近付きたくないなー(笑)。


ニックネーム ラナ父 at 05:08| Comment(0) | 物欲編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする