2012年03月20日

05 富士川水系探訪の旅(芝川1◆110本目)

水位:-4.78m(北松野)※参考値 気温:10℃(南部) 天気:快晴
区間:芝川橋〜芝川大橋(約3.3km) 所要時間:約0.65h メンバー:ソロ

 久しぶりの終日フリーの休日。最近の過ごし方は自宅でひたすら寝て過ごすというもんでした。妻子もラナもいないと何もする気が起きなかったんですが、今回は直前予約でしたがレンタカーが確保できたんで、独りちょいと川へ行ってみようかと。

 狙うは日帰り圏内の雪解けでした。上信越の利根川水系、信濃川水系上流部に興味をそそられていたんですが、日帰りにはちょっと遠いし、時期尚早っぽい。ほな、静岡方面はどないやろ。富士川本流が増水気味というくらいしか分からず決め手に欠けましたが、まあ近所やし、最悪川探しだけに終わってもええかと目的地は西方に設定しました。

 晩のうちに現地入りして、夜明けと同時に行動開始しようと目論んでおりましたが、東名高速道路に入って10分も経たないうちにカクンと意識が飛ぶ。やむなく海老名で仮眠…のつもりが6時半までグッスリ。いやもう、体は正直というか、体力ないんやなぁと実感せしめられる。結局、目的地の芝川に到着したのは8時過ぎでした。日はすっかり昇ってしまってます。
 眼前には富士山。いつ見ても美しい御姿です。

120320shibakawa15.jpg

 芝川は、静岡県富士宮市猪之頭湧水池を水源とし、南流して大倉川などの支川を合わせ、富士川左岸に注ぐ、富士川水系の一級河川です(幹川流路延長22.5km)。

 水量は、正直ビミョー。ギリギリ下れるレベルでしたが、新橋から眺めた渓相はなかなかええ感じです。

120320shibakawa04.jpg

 この川相が続いてくれれば最高だったんですが、遡上してみると川相どころか水量も変動が激しい。どうやら富士山の湧水が豊富に入ってくるため、開発されまくっているようです。堰堤も多いのでコース設定が難しい。柚野橋周辺は甌穴群になっていて楽しそうな瀬がありましたが、回送が徒歩ということもありまして、新橋まで通しで漕ぐには距離的にも水量的にも厳しそうです。

120320shibakawa18.jpg

 柚野橋の上流に架かる中島大橋まで遡上しましたが結局これという区間は見つからず。プットインは再び下げに下げて芝川橋にしました。テイクアウトの芝川大橋までは約3.3km。


より大きな地図で 芝川(芝川橋〜芝川大橋) を表示

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 21:28| Comment(0) | 東海>芝川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする