2012年03月10日

04-1 リーチ!(麻生川1◆108本目)

水位:-0.33m(中村)※参考値 気温:9℃(南小松) 天気:曇り
区間:地良々橋〜北川出合(約2.4km) 所要時間:約0.75h メンバー:tomoさん、アズマックス

 今週も滋賀へ。今回も妻子は置き去りでした。はい、まことに申し訳ございません。_| ̄|○

 先週の続きで針畑川を下るのもありですが、やっぱりまだ下ったことのない川を優先したい。候補として考えていたのは近江西部では北川(淀川水系安曇川支流)、石田川(淀川水系)、寒風川・天増川(北川水系)、湖北では2年前下見した姉川(淀川水系)などなど。
 水量的にはよりどりみどりっぽいので絞り込むのに迷いましたが、家から一番近いのと、まだ解禁前というのが決め手になりまして、北川を選択しました。

 集合場所は道の駅朽木新本陣(遅刻しましたスミマセン)。北川を選んだ理由にはもう一つあって、支流の麻生川から下れば2本の川を一度に下れるという数字的においしい川というのもありました。下りきれれば、ラナはトータル99本。リーチかかります。
 久しぶりに集ったtomoさんとアズマックスと乗り合わせて麻生川沿いを遡上。勾配が一定でメリハリに乏しく、延々とザラ瀬が続く川相でした。なんとなく、針畑川っぽい川相を予想していたんてすが、どちらかといえば高時川に近い。熊ノ畑まで遡ってみましたが、川相に大きな変化はなさそうでした。

 tomoさん的にはもっとエグいとこを想像していたらしく、拍子抜けしたみたいです。まあ、先週の続きで針畑川に向かうのも確かに魅力的なんですが、あえてそうせずに未知の川を求めてしまうのは、また独特の魅力があるからでしょう。好奇心、冒険心を刺激し、旅しているような気分にさせてくれるのは、未知の川ならではだと思うのです。
 というわけで、麻生川→北川コースを強行させていただくことにいたしました。( ̄▽ ̄)

 麻生川は、福井・滋賀県境の木地山峠(標高660m)を水源とし、滋賀県高島市朽木麻生・朽木地子原・朽木市場境で北川右岸に流入する淀川水系の一級河川です。

img_799824_53123625_3.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 04:58| Comment(0) | 近畿>麻生川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする