2012年11月25日

34 関西最後の川下り〜兵庫の川を下る 第10弾〜(加古川1◆129本目)

水位:-2.61m(大門) 気温:13℃(西脇) 天気:快晴
区間:闘竜橋〜闘竜すくえあ(約0.4km)*2 勾配:7.5‰(42m→39m) 所要時間:1.00h
メンバー:ソロ



 妻が来月から関東転勤になりそうです。来週から引越しの準備が本格的に始まるんで、おそらく、本日が関西最後の川下りになるでしょう。本当に最後というわけではなく、年末年始など定期的に帰省はするんですが、今までみたく、雨降ったからここ行ってみよう! というのができなくなるのが非常に残念。
 この2年間、週末は、ほぼ毎週関西で過ごしていたので、感覚的には関西に戻ってきたのと同じでした。したがって、再びこの地を去らなければならないという感覚に襲われています。

 最後の川下りの場所として選んだのは、先日下見した加古川 闘竜灘でした。

 加古川は、兵庫県朝来市山東町と丹波市青垣町境の粟鹿山(標高962m)を水源とし、篠山川、杉原川、東条川、美嚢川などを合わせて播州平野を南流し、加古川市尾上町、高砂市高砂町向島町境で瀬戸内海播磨灘へと注ぐ加古川水系の一級河川です(幹線流路延長96km,流域面積1,730ku)。

 もっと遠くへ行きたい気持ちもありましたが、どこも水量不足気味なのと門限15時という制約付きだったんで。まあ、「兵庫の川を下るシリーズ」も滑り込みで2桁の大台に乗せられたんで、これはこれでよしとしましょう。

 さて、まずは闘竜灘航下ルートの選定から。

 前回下見時は、中央か左岸ベタかなと考えていましたが、当時と比べ今日は大門観測所で15cmほど水位が高い。先週末の雨の恩恵がまだ残ってるようですね。
 左岸ベタは、本流が岩に激突して避けがたそうなのでNGでした。中央は素直に落ちれそうですが、位置関係の把握が難しい。進入ルートを見誤り、とくに右岸側にズレると死んでしまうので、いろんな角度から見て、何度もシミュレーションして確認しました。

121125kakogawa02.jpg

 あとは腹を括って落ちるのみですが、凄まじい轟音と水煙とに圧倒されて、なかなか踏ん切りがつきません。とりあえず1本目は、掘割水路でウォーミングアップしとこうかなー、なんて日和りまして、ラナと一緒に下り始めました。

 出発は、12時過ぎ。

121125kakogawa08.jpg

 無難に終えた後、さていよいよ本番です。さすがに連れていく自信がないので、ラナは滝直下の遊歩道に繋いでおきました。

 2本目出発は、12時半過ぎ。

 遠くからでも水煙がもうもうと立ち込めているのが分かります。これくらいの落差(約3m)なら今まで何度か経験があるんですが、いずれも上流部ばかりで、これだけの川幅と、これだけの水量の状況下でやるのは初めて。
 さすがに迫力が違う。また、ルート間違えたらどうしようという不安も残る。

 もう一度、進入路をトレースして、いよいよ漕ぎ出しました。季節外れだけあってギャラリーは誰もおらんと思ってたら、闘竜灘右岸にある旅館のロビーから窓越しにようさん張り付いて見てはりました。まあそら気になるでしょうね。

 ゆっくりと近付き、確実にルートに乗せられたと確信できた時点で一気に加速。

 滝の下のボイルが視界に入る。よし、この落差ならいける!

 着水時、スターンが一瞬食われバウが跳ね上がり、冷や汗出ましたが、一気に漕ぎ抜けて脱出。

 あとは下流に抜けるだけですが、ボイル地帯が予想以上に荒れてます。しまった。滝ばかり注目してて、ちゃんと読んでなかった…。目の前の岩にぐいぐい押し付けられる。岩の隙間から水流が一部、下流に抜けてますが、先が見えない。これも下見時にチェック漏れてました。シーブの可能性もあるんで、吸い寄せられそうになるのを全力で回避。

 再びフネを本流に戻し、無事漕ぎ抜けました。あっぶねー。

 ギャラリーに手を振って応えた後、ラナを連れてきて滝の直下へ。
 なるほど、こういう流れなのね…。シーブ疑惑のあった水路は、半分あたり。竹ボウキが挟まっていました。(^^;;

121125kakogawa13.jpg

 滝の下からはもう、再び穏やかな流れに戻っています。回廊を抜けてゴールへ。

121125kakogawa20.jpg

 途中、1本目の掘割水路にも寄り道。

 言うまでもなく、2本目のほうが圧倒的にインパクトありました。挑戦してよかった。

121125kakogawa24.jpg

 2本目ゴールは13時。

 闘竜灘は、核心部として前後の川相とのギャップは著しく大きいですが、区間は短い。いわゆるプレとかデザート的な瀬が存在せず、下流域でごくフツーの平坦な流れになっています。というわけで今回は距離を取らず、ほぼスポットに近しい、ピンポイントのダウンリバーとなってしまいましたが、充分に満足できる内容だったと思います。

 門限まで少し時間があったので、さっきのギャラリーみたく、滝を眺めながらメシ食べようと滝寺荘に行ってみましたが、めっちゃ時間かかりますとのことだったんで諦めました。

121125kakogawa25.jpg

 ここは三田から30分と非常に近いんで、帰省時に気軽に寄ったりできそうです。とりあえず、余裕綽々で下れるようになるくらいまでは練習しに通ってみたいです。


より大きな地図で 加古川(闘竜灘) を表示


ニックネーム ラナ父 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿>加古川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3343812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック