2012年10月13日

【下見編】加古川 闘竜灘

水位:-2.75m(大門)



 本日奥さんは同期の結婚式に参列するそうな。彼女を六甲の美容院まで送り届けた後、残された夫は、子や犬とどうやって時間を有意義に過ごそうか悩みました。
 左手に川次郎、右手に川太郎、ベルト通しにリードを繋いで、ラナ。三人の子を連れて、どこへ行こう。時間も遅いことやし、近場(50km圏内)限定でええとこはないものか。

 思いついたのは、武庫川渓谷(武庫川)と、闘竜灘(加古川)
 選んだのは、後者。前者も捨てがたいが、後者は実はまだ行ったことがない。神戸三田ICから約30kmという近所にあり、いつでもいけると思って逆に後回しになってました。

 西脇市内で昼食を済ませていよいよ現地へ。さすが街中にあるだけあって、ばっちり観光地化されてました。駐車場に悩むことはありません。

121013kakogawa01.jpg

 この一帯だけ、異様なほど大規模な溶岩帯で覆われてます。前後はフツーにどこにでもある下流域の川って感じなんですが。ギャップありすぎです。

121013kakogawa05.jpg

 右岸側は道沿いから見学。左岸側は岩盤上を歩いて近づけます。

121013kakogawa06.jpg

 おー、スゲー。でも水は思ってたとおりキレイではない。なんたってあの篠山川の下流になりますからね。加古川上流(佐治川)はわりとキレイなんで、篠山川よりはマシになってます。

121013kakogawa07.jpg

 岩盤は川幅いっぱいに広がっており、まだ奥があります。

121013kakogawa08.jpg

 さらに進んでいくと、分流発見。おう、ゴルジュではないか。でも、なーんか違和感を感じる。
 違和感の正体は、均一な川底でした。どうも人工物くさいなあと思っていたら、「掘割水路」みたいです。

121013kakogawa09.jpg

 岩の上でしばらく遊ぶ。川太郎は、ロッククライミングを試みて、ずり落ち、脱げた靴が水たまりにボチャン。ラナは、ちょっと目を離したスキに、腐って臭い水たまりの中へドボン。

121013kakogawa13.jpg

 帰り道。ポットホールの宝庫でした。自然の造形美は何よりも美しい。

121013kakogawa15.jpg

 テイクアウトポイント探しついでに下流へ散歩。石投げと砂遊びに興じました。ラナはあんまり川には入れたくなかったんですが、まあムリでしたですわ。

121013kakogawa20.jpg


ニックネーム ラナ父 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 下見編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3303588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック