2012年12月31日

【番外編】2012年を振り返って

 Good2012年の結果

 通算出撃日数…35日

 ラナ父…新規漕破本数 23本(昨年 5本) 通算 129本

 ラナ …新規漕破本数 21本(昨年 2本) 通算 117本


 単身赴任2年目、昨年に引き続き関西が活動の中心となりました。昨年10月から活動休止状態でしたが、3月にようやく復活。関西ベースで下るのは今年で最後、ラナと下るのも今年で最後かもしれないという気持ちで漕いだ結果、新規漕破本数が過去最高の23本(ラナ21本)となりました。また、ラナの漕破総数が節目の100本に達しました。一緒に漕いでくれたりとお世話になった皆様、ありがとうございました。

 ◆年始の目標

 ・漕行日数:50日以上
 ・初めて下る川の本数:10本(漕破総数:106→116本)。

 ◆結果(達成率)

 ・漕行日数:35日(70%)※月間平均2.9日 月間最高5日(3月,6月)
 ・初めて下る川の本数:23本(漕破総数:129本(ラナ117本))(230%)。

 107( 97) 久 多 川 (滋賀県  淀 川水系)
 108( 98) 麻 生 川 (滋賀県  淀 川水系)
 109( 99) 北   川 (滋賀県  淀 川水系)
 110( 99) 芝   川 (静岡県  富士川水系)
 111(100) 石 田 川 (滋賀県  淀 川水系)
 112(101) 湯 舟 川 (兵庫県  矢田川水系)※兵庫の川を下る第 5弾
 113(102) 稲 葉 川 (兵庫県  円山川水系)※兵庫の川を下る第 6弾 十戸の滝
 114(103) 大 屋 川 (兵庫県  円山川水系)※兵庫の川を下る第 7弾 横行渓谷
 115(104) 姉   川 (滋賀県  淀 川水系)
 116(105) 矢 田 川 (兵庫県  矢田川水系)※兵庫の川を下る第 8弾
 117(105) 四 万 川 (群馬県  利根川水系)
 118(106) 市   川 (兵庫県  市 川水系)※兵庫の川を下る第 9弾 黒川渓谷
 119(107) 丹 生 川 (和歌山県 紀ノ川水系)※紀伊丹生川 竜王渓
 120(108) 大 内 山川 (三重県  宮 川水系)
 121(109) 坂 内 川 (岐阜県  揖斐川水系)
 122(110) 清 滝 川 (京都府  淀 川水系)※金鈴峡
 123(111) 藤   川 (三重県  宮 川水系)
 124(112) 神 崎 川 (滋賀県  淀 川水系)
 125(113) 愛 知 川 (滋賀県  淀 川水系)
 126(114) 丹 生 川 (奈良県  紀ノ川水系)※大和丹生川
 127(115) 上 湯 川 (奈良県  新宮川水系)
 128(116) 細 野 川 (京都府  淀 川水系)
 129(117) 加 古 川 (兵庫県  加古川水系)※兵庫の川を下る第10弾 闘竜灘

  ※( )内はラナの漕破本数

 とくに印象深かったのは…

 ★稲葉川
 十戸の滝。落ちるまでもめちゃ怖かったですが、滝壺でひっくり返ってしまい、なかなか浮かばなかったのも怖かった。

120429inanba42_1442.JPG

 ★矢田川
 田んぼの中に突然現れたゴルジュで撃沈。ラナ死んだかと思いました。ボートのみ延々と巻かれ続け、回収に難儀しました。

120505yadagawa-030.JPG

 ★神崎川&愛知川
 神崎川は淀川水系随一の清流でした。淀川といえば枚方あたりを流れるくっさい川のイメージですが、ギャップでかすぎ。

120922kanzaki53.jpg

 約5年ぶりに関西ベースで活動した感想。
 かつては下れるところが少ないと不満に思ってましたが、ひとたび水量が増えれば、無限の可能性を秘めたパラダイスというのが新たに得られた感触です。紀伊半島、但馬、丹波、近江って、よくよく見てみればええ川がいーっぱいあります。四国、岐阜まで200km程度というロケーションもいい。あと、関東に比べて人口が少ない分、渋滞が少ないし、渓流釣りとのバッティングも少ない。何より落ち着く。やっぱり故郷はここなんやなと思います。

 ■下見のみで終わった川
 岸田川

 ■新たに開拓できた場所
 丹波、但馬

 ■行きたかったけどご縁がなかった場所
 紀伊半島…四村川
 中国地方…奥津峡

 来年からは再び関東が活動の中心となります。またしばらくお別れとなってしまいますが、いつか帰ってきた時、また違う視点で川を眺められたらなあと思います。

 参考:上半期振り返り


ニックネーム ラナ父 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

35 2012年漕ぎ納め(日高川1)

作成中

水位:なし 【参考】0.48→0.53m(龍神) 19.7→29.7t(椿山ダム流入量) 気温:10℃(龍神) 天気:雨
区間:柳瀬大橋〜龍和橋(約7.4km) 勾配:4.3‰(289m→257m) 所要時間:1.25h
メンバー:ソロ

 なんとか年内に漕げました。
 行き先は2004年以来8年ぶりの日高川。ただ昔下ったゆりの瀬よりはるか上流部の、龍神村「檜皮(ひわだ)の滝」セクションです。
 篠突く雨でしたがむりくり決行。増水の恐怖にドッキドキでした。



 約2年ぶりに関東で週末を過ごす生活が始まりました。なんとか月3回漕ぐペースは維持したいと思ってたんですが、引越しのバタバタで結局漕げずじまい。先週の三連休がラストチャンスでしたが、ちょうど寒波到来で寒かったんで日和ってしまいました(笑)。

 このまま年越しかと思いきや、最後の最後でチャンス到来。唯一漕げる本日に雨。夜明けくらいから降り始めました。当初行き先を但馬方面で考えていましたが、雨雲の動き(予測)など検討して、急遽紀伊半島に変更。
 行きたいところはそれはもう、たくさんありますが、時間の制約など諸般の事情から日高川を選ぶことにしました。

 日高川は、護摩壇山(標高1,372m)を水源とし、山地部を蛇行しながら西に流れ、御坊市塩屋町北塩屋、美浜町濱ノ瀬境にて紀伊水道に注ぐ、和歌山県下最大の二級河川です(幹川流路延長127km,流域面積651.8ku)。

 しかーし、大阪の南部あたりから篠突く雨。印南SAで休憩したときは、絶望的なまでの降りっぷり。こらもうあかんわ…、ただのドライブや…と諦めつつ、とりあえず行くだけ行くかと予定通り現地に向かうことにしました。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 近畿>日高川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

【番外編】仮面ライダーと伝説の珍獣

 うちの子供たち、仮面ライダーウィザードにあいかわらずどっぷりハマってます。

R0012582.jpg

 ウィザードはいくつも指輪を持っていて、そいつを使って変身したり魔法を使ったりするんですが、この数がまたえらい多いんです。
 ある程度数が集まってくると、なんだかコンプリート欲がふつふつと湧いてきてしまいました。ヤベ、バンダイの魔法にかかってしまいましたですわー。
 ちなみにラナが食べやすいサイズみたいでして、これまで3コほど再起不能なほどまで噛み砕かれました。

R0012585.jpg

 ちなみにユニコーンを召喚できる魔法があります。

R0012588.jpg

 川次郎に使ってもらいました。

 あっ、これは…。

 伝説の珍獣、「ユニコーニ」やん!!

R0012581.jpg

 オリジナルはこちら。

b0139489_2039817.jpg

 ちなみにこっちは珍獣ユニカチョウ。最近姿見ないけど、元気してんのかなあ。ある意味リアルに珍獣化してます。

201204_15_64_d0057464_2242233.jpg


ニックネーム ラナ父 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

【番外編】おかえり

 およそ1年と10ヶ月ぶりに家族が帰ってきました。

 単身赴任再開当時、ラナ8歳、川太郎2歳半、川次郎は1歳になってませんでした。それからというもの平日は関東で仕事しつつ、週末は夜行バスで関東と関西を往復する日々でした。したがって川下りのフィールドは関西がメインといういささか変則的な生活スタイルでしたが、ついに終わりを迎える時が来たようです。

 独りで住むには広すぎる家でしたが、いまやかーなり狭く感じます。とりあえず少しでもスペースを確保しようと二段ベッドを導入することになりました。

R0012555.jpg

 こう見ると、なんだか馬小屋の馬みたい…。

R0012558.jpg

 しばらくバタバタで川にいけそうにありませんが、年内にあと3本くらいはいきたいなー。いけるかなー。


ニックネーム ラナ父 at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする