2012年05月27日

【川遊び編】安曇川で水遊び

石田川ダム流入量/放流量:6.4t

 GW以来、雨が降っていない。
 関西地方ははやくも渇水。毎日のように雨が降り、水量潤沢な関東とは対照的です。

 2週間下っていないので今週末こそは…と水位計探し回って、下れそうな川をピックアップ。
 ひとつは蓮川(櫛田川水系)。たしかこの時期はダムが放水しているので下れるはず。しかしちょっと遠いのが難点。
 もうひとつは近江の石田川(淀川水系)。ダムの流入・放流量データでは6トン台をキープしています。石田川クラスの規模なら6トンあれば充分楽しめる流量です。ただ、周辺の川は渇水。姉川なんて1トン台まで減っています。石田川だけ潤っているのはおかしい。そう感じつつも、データの正確性を信じて足を向けてみることにしました。

 はたして…空振りでした。見た感じ2〜3トン程度。他の川と同じですのでまあ妥当な水量なんですがね。ちょっと期待していたのに…。
 これで3週連続漕がずじまい、です。渇水となると関西地方はやはり四国吉野川に頼るしかないのか…。

 今日はアズマックスも一緒だったので、お詫びついでにお昼をご馳走させていただきました。

 安曇川沿いにある『朽木郷 ごはん屋 山水』。
 
 ご当地モノ さばのへしこ飯

R0010549.jpg

 その後子供たちのニーズに応えて安曇川で水遊び。2006年の暮れにソロ漕ぎして泳いだ記念すべき場所にて。下れる水量はありませんけど、めちゃめちゃキレイでした。

R0010553.jpg

 私はもっぱらスローロープの修行に明け暮れてました。

R0010554.jpg

 キレイな川で遊ぶだけでも、結構すっきりしますね。川の癒し効果ってすごいなあ。


ニックネーム ラナ父 at 07:04| Comment(2) | 川遊び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

【番外編】但馬 古代体験の森

 本日はまた但馬。今年6回目。「タジマニア」から「タジマスター」へクラスチェンジする日も近そうです。

 なんか気になる場所があったので立ち寄ってみました。

 「古代体験の森」

 「古代森太郎」の家がありました。めっちゃ楽しそうな予感がします。

R0010435.JPG

 古代の住居がありました。むかし尼崎市民だった頃、よく田能遺跡行ってましたから懐かしいな。

R0010437.JPG

 中にも入ってみました。ひんやりとして気持ちいい。

R0010439.JPG

 さあそろそろ出て川の下見に行こうかな…というところで森太郎本人が登場。

 「勾玉作りませんか?」と怪しいお誘い。

 私は断ったんですが、嫁が乗ってしまいました。

 で、作ることに。

R0010443.JPG

 ホントはこういうの大好きなんです。断ったのは、凝りすぎて絶対時間かけてしまうと思ったから。

R0010444.JPG

 案の定、めちゃめちゃ時間食ってしまいました。30分で出るつもりだったのに、2時間半もかけてしまった…。

R0010445.JPG

 高床式倉庫はその「田能遺跡」を元に復元と書いてました。なんか縁があるなあと思っていたら、尼崎と香美町は姉妹都市でして、なんと矢田川源流部には「尼崎市立美方高原自然の家」なんて施設があるらしい。

R0010449.JPG

 結果的にはすごく面白かった。森太郎氏とはまた来ますなんて約束までしてしまいました。しかし、もう13時回っとるし、本来の目的の川下りが…。


ニックネーム ラナ父 at 18:44| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【下見編】久須部渓谷、矢田川

水位:0.38m(村岡)

 森太郎にオススメの店を聞いたところ紹介いただいたのが「滝見亭」。小代区大谷で矢田川左岸に注ぐ久須部川沿いにあります。

R0010452.JPG

 見事なまでの山菜づくし。

R0010464.JPG

 上流部は渓谷相。下流は渓谷ではなくなりますが、岩盤帯が多く、エグいドロップが連続していました。小さい川ですが、増えれば下れそうな感じ。ただ難度は最強クラスと思われます。

R0010465.JPG

 滝見亭から少し上流にあるくと滝があります。ここの特徴はダブルで見られること。
 右手(左岸側)には「三段の滝」。

R0010468.JPG

 左手(右岸側)には「要の滝」。
 誰かやったことある人いるんかな? 滝壺は水深ないんですけど…。

R0010469.JPG

 水はかなり冷たいですが、ラナは楽しそう。

R0010470.JPG

 14時半過ぎてしまいました。もはや川下りは絶望的…。
 とりあえず、前回えらい目に遭った核心部だけでもと下見しにいきました。

R0010477.JPG

 前回は、うねりながら落ちていく感じでした。
 今日の水量では、段々のドロップ。最後のホールが気になりますが、何とか下れそう。



 水量的にはギリギリ下れるかどうかというレベルでした。
 石寺堰堤より下流は、発電取水のためほぼ枯れ川となります。前回はふんだんに水量あったんですけど、どうやらマボロシの区間だったみたいですね。

R0010478.JPG

 香住区まで川沿いに走ってみました。

・支川の流れ込みにより徐々に水量は増えていきますが、矢田川発電所まで厳しい
・両岸に山が迫り、雄大な渓谷の中を流れていきますが、勾配は失われる

 中流部に一縷の望みを託していたんですが…。結局、下れるところありませんでした。次は最上流部(小代渓谷)でも行ってみますかねー。

 しかし、2週連続で漕がずじまいだとストレス溜まるなー。


ニックネーム ラナ父 at 06:13| Comment(0) | 下見編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

【番外編】福知山三段池公園→上林川

 水位:0.18m(八津合)

 GWに行く予定だった福知山は三段池公園にいってきました。

 主目的は福知山市動物園。理由は子供たちの「うさぎさんにさわりたい」ニーズに応えるためです。
 まずは入り口でテナガザルとのふれあい。子供たちは怖がってよう入りません。

R0010396.JPG

 肝心のうさぎさんは…、網越しでした。残念。ただここ、ほとんどの動物にえさをやることができます。それなりに楽しんでいたようです。

R0010414.JPG

 ちなみに公園内はラナOKですが、動物園内は残念ながらNGでした。

R0010417.JPG

R0010426.JPG

 ウリ坊…。いまやただのイノシシです。かつて、ウリ坊の背中に「みわ」ちゃんが乗って愛くるしく園内を走り回る姿がテレビなんかで放映されていたらしいですが。

R0010431.JPG

 そういやサル山に花火投げ込んだアホもいましたね。

R0010434.JPG

 14時半ごろまで遊んでました。

 川も行きたいなー。
 できれば但馬ですが、さすがに厳しい。この時間帯でも福知山からいけるところとなると…。

 で、やってきました上林川。
 しかーし、水、枯れてます。今月3日に来たときは潤沢だったんですけどね…。あのときは確か水位計の数値が0.3mくらいでした。今日が0.18mだから何とかいけるかなと思ってたんですが。

IMG_0815.JPG

 ということで子供たちと小一時間ほど川遊びしただけで帰りました。ちなみにあまりキレイでないのでテンション上がらず。しかも帰ったらラナ、ダニだらけでした。ショッキ!

IMG_0819.JPG

ニックネーム ラナ父 at 18:26| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

【番外編】うさぎ兄弟

 兵庫県立但馬牧場公園へ行ってきました。

 念願だった「うさぎさんにさわりたい」がついに実現。

R0010328.JPG

綾部ふれあい広場と同じく入園料・駐車料は無料。この規模で無料ってすごいなー。ただ、ペット入園NGというのが非常に残念。

R0010314.JPG

 芝生広場で奥さんお手製のお弁当を平らげた後、いよいようさぎ小屋へ。
 なんか背中に噛み跡のあるうさぎが多かったなあ。ストレスなんやろか…。

R0010318.JPG

 川太郎、川次郎は追いかけ回したりせず、一箇所にとどまって接していましたが、それにしてもいつまで経っても出てこない。

 いつの間にやら彼ら自身がうさぎ化してしまったようでした。

R0010319.JPG


ニックネーム ラナ父 at 23:58| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13 リサーキュレーション〜兵庫の川を下る 第8弾〜(矢田川1◆116本目)

水位:0.84m(村岡) 気温:18℃(兎和野高原) 天気:晴れ
区間:小代小〜石寺大橋(約3.2km) 所要時間:約1.2h メンバー:ソロ [回送]後輩1号、川太郎&川次郎

 「目が腐っている」らしい。

 GWはこれまでに3本下れました。近場(近畿圏)ですがいずれも初めて下る川で印象強いところばかりでしたし、充分満足していました。しているつもりでした。

 しかし、今朝は五月晴れ。そして何より2日の雨の影響で増水中。雪解けが終わり、減水していた但馬の川も勢いを取り戻しています。
 今年のGWは9連休。自分、奥さん、子供たちの3で割ると、一人当たりの時間は3日間。これ以上多くを望むと家庭のバランスを崩すことになります。残り2日間は子供たち中心に過ごそう、なんて口では言いながらも、目は違っていたらしい。気持ち的には納得してるつもりだったんですがね。30も半ばになって深層心理が顔に出るってなんかちょっとかっこ悪いような。
 何はともあれ、見るに見かねた奥さんが、行き先を当初の目的地、福知山三段池公園から但馬方面に変更してくれました。

 ということで但馬入りが叶いました。今年5回目。もはやすっかりタジマニアです。行ってみたかったのは岸田川と矢田川でしたが、但馬牧場公園を出たのが14時半と遅かったので近いほうの矢田川にしました。

 矢田川は、兵庫県と鳥取県の県境である赤倉山(標高1,332m)を水源とし、香美町村岡区川会で最大の支川である湯舟川を合わせ、山田川などの支川を合わせながら香住区矢田にて日本海に注ぐ幹川流路延長約38km、流域面積約277kuの2級河川です。

 矢田川は結構規模がでかい。本当は、香住方面から遡上しつつ下見したかったんですが、そんなことが許されるはずもなく。但馬牧場公園からの帰り道、長板の交差点。矢田川左岸にぶつかるところです。下流と上流、どっちにいく?
 反射的に、右にハンドルを切る。
 しかし、期待に反して平野部がずっとセットになっていて、「田んぼの中を流れる里川」風景がなかなか変わらない。小代小学校まで遡上したところで打ち切り。ここをプットイン、石寺にでかい堰堤があったのでその手前をテイクアウトに設定しました。じっくり下見するのはまた今度にしよう…。

 あまりにテキトーといえばテキトーな区間設定。これが、後に大きな災厄を呼び起こすことになります。きっとこの先忘れられないほどの…。Σ(゚д゚lll)

120505yadagawa-002.JPG

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 23:55| Comment(2) | 近畿>矢田川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

【番外編】エルどらんど

若狭たかはまエルどらんど」に行ってきました。

 なにそれ? 聞いたことないんですけど…。

 天下の関電様のPR館のひとつらしい。ほとんど宣伝されてないため穴場的存在とか。
 
 実際行ってみると、すんごい規模の温室でした。花鳥園よりすごいかも。

R0010301.JPG

 アロワナとか、ピラルクとか、腐るほど泳いでました。

R0010307.JPG

 もはやちょっとした水族館ですな。

R0010308.JPG

 GW中はこういう施設関連はどこもかしこも混んでんやろなーという印象でしたが、ここは例外でしたね。


ニックネーム ラナ父 at 23:28| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

【番外編】上林川、綾部観光

 当初、5月3日はNKCメンバーでナラヨシを漕ぎましょう! という予定でした。

 しかし、いざフタを開けてみればキャンセル続出で誰も来ない。

 唯一参加したアズマックス夫妻もテンション下がって漕ぐ元気がないらしい。
 結局、綾部は上林川沿いにある東山公園の散策コースを一緒に散歩して、ランチして解散という結果に終わりました。

SANY0505.JPG

 前から気にはなっていたんですが、このコース、とってもええですね。人っ子一人いないのが、さらにいい。
 ランチ探しがけっこう苦労しました。綾部には漕ぎには来ても、観光で来たことなかったもんなあ。結局味方町の「ひと粒」で済ませましたが美味しかったです。

SANY0511.JPG

 晩は義父の実家小浜で一泊。

R0010236.JPG



ニックネーム ラナ父 at 23:21| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

12 姉川の合戦、辛勝(姉川1◆115本目)

水位:0.23m→0.25m(温見橋) 水量:4.0t→3.2t(姉川ダム流入量) 気温:19℃(長浜)
天気:雨 区間:向山谷川出合〜温見親水公園(約2.2km) 所要時間:約2.25h
メンバー:AZmax

 夢の9連休も折り返し地点。
 本日奥さんは東京出張、子どもたちは保育園。昨日同様どフリーに過ごせる一日。
 しかし、残念ながら天気は雨。予報では1時間1mm程度だったんですか、レーダー見ると結構降ってます。とくに鈴鹿山脈は豪雨。
 今日はアズマックスが付き合ってくれるというんで、かねてから下りたかった姉川(滋賀県)に行こうと思っていました。長浜方面は今のところほとんど降っていないようですが、うーん、とりあえず行ってみるか…。
 というわけでやってきました姉川。ここを訪れるのはかれこれ約3年ぶりとなります。3年の時を経て「姉さん」との戦いの秋がいよいよ、始まる。

 「姉さん」 ※姉川を人格化した姿

120502anegawa-002.JPG

 姉川は、伊吹山地の新穂山(標高1,067m)を水源とし、草野川、高時川などを合わせ、高浜市南浜町にて琵琶湖に注ぐ淀川水系の一級河川です。幹川流路延長は31.3km,流域面積は369.3ku.

 集合予定時間よりだいぶ早く到着したのでラナと温見橋へ。3年前はカツカツでしたが、今日は見た感じ、いけそうです。小雨がしとしと降り続いていますが、水位計およびダム流入量に変化なし。もし途中でドーンと増えるようなことがあれば撤退することにして、とりあえず戦りますかね。

120502anegawa-001.JPG

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 07:59| Comment(0) | 近畿>姉川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

11 横行渓谷〜兵庫の川を下る 第7弾〜(大屋川1◆114本目)

水位:0.54m(大屋) 気温:23℃(和田山) 天気:曇り時々晴れ
区間:野在橋〜中間橋(約2.4km) 所要時間:約0.8h メンバー:ソロ

 入社11年目にしておそらく初です。
 今年のGWはまさかまさかの9連休。(=´∀`)人(´∀`=)

 そして奥さんは出社、子供たちは保育園。隣にいるのはラナだけという。にわかに独身時代に戻った気分です。

 そして選んだ行き先は但馬。初回から一ヶ月も経ってないですが、すでに4回目だったりします。
 目的地は円山川支流の大屋川、八木川。先月の下見の続きです。まずは大屋川から開始。

 大屋川は、兵庫県最高峰の氷ノ山(標高1,510m)を水源とし、養父市藪崎にて円山川左岸に注ぐ円山川水系の一級河川です。幹川流路延長は34.5km,流域面積は231.6ku.

 前回に比べ、大屋観測所水位で8cm低下していました。最悪、鮎公園から下ろうかと考えていましたが、それも厳しそうな水量です。
 どんどん遡っていくが、川相にいっこうに変化なし。大屋町中間地区に到着。ここまで来ると扇状地はかなり狭まってきました。ちなみにこのまま幹線を進み、若杉峠を越えれば宍粟の引原川に出ます。本川は脇道。「横行渓谷」の標識があります。右折して横行方面へ。

 キタ━━━( ゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━( ゚∀゚ )━━━!!!!

120501yokoyuki-009.JPG

 にわかに眼前に広がる渓谷。水量は半減していますが、川幅が狭いので下れそう。何よりありがたいのは車道から川まで近く、スカウティングが容易な点。しかし、遡るにつれて勾配がどんどんキツくなっていく。うーん、だんだん不安になってきた。
 横行発電所に到着。ここから上流は減水区間で今日の水量ではムリですね。横行の集落を越え、発電所取水堰堤の上流までいってみました。水不足で下れそうにありませんが、どクリークなんで仮に水量豊富であっても私にはムリでしょう。
 林道沿いにあった「ぶなのしずく」にてラナと喉を潤し、引き返す。

120501yokoyuki-021.JPG

 発電所がプットイン上限ですが、下流の野在橋に小堰堤が4連続で設置されていました。迷いましたがここは大事を取って、橋の下から入渓。テイクアウト予定は中間橋。この先は川幅が広がって水深が足りなくなります。そういう意味では区間設定がしやすかった。距離は3km弱でちょっと短いですが、回送徒歩ですしちょうどいいや。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 02:06| Comment(0) | 近畿>大屋川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする